忍者ブログ
ゆっくりでも止まらなければけっこう進む
Posted by - 2017.04.26,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watari - 2013.09.01,Sun
13年夏の七輪陶芸の作品。
 
①から順番に焼いていった順番。
あ、ちなみに一個目は完全に爆発して影もカタチも無くなってしまいましたので、いちおう2個目からが①
 
ae3c0b2a.JPG①途中で爆ぜてしまった黒楽ぐい呑み。
 
釉薬は加茂川石粉100%。溶ける温度は1200℃とのこと。焼き上がったあとに籾殻に投入して炭化してみた。
けっこうメタリックな顔が出てきた。もうちょっと炙ったほうが綺麗に溶けたんだろうけど、これぐらいの肌合いが綺麗で個人的には驚きの出来栄え。
 
だが当然の洩れ洩れ。
 
 
IMG_2110.JPG②見た目は綺麗に出来あがった黒楽ぐい呑み。
 
前作の黒楽の失敗から、昇温をゆっくりにしてみた。
炙り過ぎてちょっと味がなく、また炭化でのメタリックが大人しい。そーいっても悪くない。
 
でも、水を入れてみると1滴残らず洩れる。見た目はよくわからないけれど底にクラックがあるようだ。残念。修正してやる。
 
 
 
IMG_2115.JPG③3個作った黒楽全滅の憂き目にあったため、次は白楽ぐい呑み。
 
どうやら粘土が違うせいかこいつら意外と丈夫。
釉薬が楽焼透明釉なので温度が低いため良かったほうが理由としては大きいかも。中で釉薬が固まってしまったんだけど、もうちょっと温度を上げて溶かし切った方が良いだろう。
 
見た目は黒楽よりもパンチがないけれど、これはこれで良い味。これは炭化させなかったんだけど、後から炭化した方が良かったかも?と思い始めた。次回はやってみよう。
 
腹のところにちょっと色の変わった部分があったりしてイイ感じだ。
ちなみにこいつは洩れてない。
 
 
IMG_2117.JPG④ちょっと背が低めな2番手白楽ぐい呑み。
 
全くのシロじゃ面白くないので、炙ってグルグル回していたら灰じゃなくて炭が付いてちょっと汚くなって
 
しまった。でも、それだって面白い。七輪陶芸らしい感じじゃないか?部分的に紫色な部分がある。鉄系のナニカガ付いて反応したのかも?これも面白い。
 
これも洩れ無し。2回目の成功。
今回一番の出来栄え。
 
 
IMG_2119.JPG⑤ちょっと大きめの3番手白楽くい呑み。
 
時間が無くなってきたので、備前ぐい呑みと同時焼成。
白楽は2回連続で上手くいったので、いけちゃうかな?と思っていたけど、2個同時はかなり困難とわかった。次回からはやめておくことにする。途中から2個とも割れちゃったのでガンガンに炙ったらどうなるの?ということでやってみたところ、綺麗にバックリ割れてしまった。亀裂に釉薬染み込まないかな~と思ったけど甘かった。でも、クラックの入り方は綺麗。クラックに金継しちゃうよ。
 
IMG_2120.JPG⑥今回初めての備前ぐい呑み
 
備前は難しい、と聞いていたけどゆっくりやれば大丈夫?ということで⑤と同時焼成。
だけど、スグに難しいことがわかってきて、そのうち見た目で割れが目立ってきた。黒楽・白楽よりも割れやすいということはわかったぞ。でも、ばっくりイキスギ。焼き締めの金継なんて聞いたことないけど、捨てるのもモッタイナイから金継一応やってみるつもり。
 
IMG_2123.JPG⑦2個目の備前ぐい呑み
 
ここで完全に時間切れ。でも、焼いておきたかったので、とりあえず炭をガンガン投入して七輪を2個重ねて安全なところで放置スタイルでやってみた。
空気窓は全開。火が入ってから4時間後に帰ってきたけど、まだ燃えてた。
 
翌日見てみるとこんな感じで一部自然釉が掛かっているけど、素焼よりちょっと上という感じ。もうちょっと高温にならんと駄目な感じ。でも、これはこれでいいかも。

ちなみに洩れてない。
 
IMG_2124.JPG⑧備前土が余ったので皿作ってみた
 
これが意外と上手く焼けてる。ん?
ということでココで重要なことに気が付いた。
他のと比べて皿だけ薄い。
ということはたとえぐい呑みでも薄く作るべきだったんだ!!ってこと。
それなら割れにくくなるかもしれない、ということで次回からは成形で薄く作ってみよう。
 
手ろくろでどこまで薄く作れるかはわからないけど、やって出来たら面白い。
 
さて、次回は正月?いやGWかも。
とりあえず長期休暇限定のお楽しみということで、次回を楽しみにしています。
PR
Comments
暑いのに
火遊びは大変ね(笑)。
私も真夏にBBQしてるから、ちょっとは共感出来まっせ(爆)。

これで出来たぐい呑みで酒飲んだら格別でしょうねぇ。
発見が次に繋がりますように。
Posted by かっしー - URL 2013.09.01,Sun 22:57:13 / Edit
あちちち
まあ暑くても冷たいお茶を飲みながら
休み休みやってました。なかなか楽しいのです。

ただ私は酒が飲めない。
なのにぐい呑みを作る。

必要だから作るのではなく、
ただただ作りたいから作るのです。
実はモノ作りの本質な気がしてます(笑)
Posted by watari - 2013.09.02,Mon 21:49:29 / Edit
作りたいから作る
…というのは、まさにそうですね。
飾り巻きと一緒だ(笑)

個人的には、⑦の備前がいいですね。
無骨だけれど、どこか腹が据わった感じ。

④もいい表情です。

使い心地のテストが必要ならいつでもご用命を。
上の人と二人いますから(笑)
Posted by 魚花 - 2013.09.05,Thu 23:31:46 / Edit
理由
仕事のうえでは理由がいりますが。
趣味に理由はいりませんです(笑)

⑦の備前はもうひと焼き必要なんだろうと思います。
でも、日常使いでは問題なさそう。
④もなかなか面白い貌をしています。

まだまだ人様に使っていただくようなモノではないので、
何年後になるかわかりませんが、そのうちお願いします(笑)
Posted by watari - 2013.09.07,Sat 20:02:06 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
watari
性別:
男性
趣味:
本読み・魚釣り・ハンドメイド
自己紹介:
東京出身川崎在住。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


最新CM
[10/06 watari]
[10/06 farwater]
[09/24 watari]
[09/23 かっしー]
[09/15 watari]
ブログ内検索

ジオターゲティング
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]