忍者ブログ
ゆっくりでも止まらなければけっこう進む
Posted by - 2017.04.26,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watari - 2016.07.30,Sat
   数年ぶりに相模原キャンパスの特別公開に行ってきました。

 今回も当たり前のようにJAXAの説明員の方々にいろいろと説明いただきました。なんとなく最近の研究テーマが、私の分野に近いことが多くなってきているようで質問するにもチカラ(?)が入ります。
特に川口先生のシニアフェロー室と國仲先生のイノベーションハブの部屋では、背中側から突然IES兄さんから説明を受けてみたり、修士の方にいろいろと説明いただいて非常に面白かった。

宇宙から民間に、民間から宇宙に。技術の交流ができてくるというこの試みは非常に興味深いです。川口先生と國仲先生がやっているということは、なにかしら実現させるのではないかなとお思わせてくれますね。

他のところも見たことのある展示もあれば、今回初めて見るものもあったり。

18年には、はやぶさ2が「リュ     ウグウ」に到着する予定ということでこちらも非常に楽しみです。ちなみに相模原博物館ではプラネタリウムではやぶさ2も、観ちゃったし楽しんじゃいました。

ちなみにおみやげ買ってきたのは油井さんとあかつきのピンバッチ。それと宇宙飛行士用の真っ白ジグソーパズル。99ピースだそうでなかなか難しいらしいです。ちょっと試してみようかなと思っています。

またこれからも宇宙活動たのしみに見守っていきたいなと思っています。
PR
Posted by watari - 2016.07.23,Sat
イベントの副題は『日本最大級のクリエーターの祭典』。いわゆる手創り系のイベントというもの。

東京ビッグサイトに行くのは仕事のときくらい?プライベートではあまり行ったことがありませんでしたが、ハンドメイドフェスなるものに行ってきました。フェスというのも最近流行っているみたいですけど、そーいうネーミングのイベントも初めてな気がする。

カタログいわく3500店ほど出ていたとのこと。12時くらいに付いて、休憩を挟みつつも18時近くまで回っていましたので、かなりのお店が出ていた感じ。

さすがに最後は疲れましたが、楽しくは見れたと思います。

クリエーターの祭典というもののどこかで作ったものを販売している売り手さん(というか純粋な商売人)の方もいるような気がして、どこまでがクリエーターなんだろうな、というのは感じました。

似たようなガラス玉を売っている人たちは、なぜかサーファー風かヤンキー風なんでししょう?仕入れて売ってる元締めがサーファーorヤンキーだから?他で売れば立派な商品なんだから、他で売れば良いのに、と思ってしまう。

最近は、私も嫁もハンドメイド系のイベントにも関わらず、デザイン画や原画に興味が行っていて、今回も購入したものはそーいう感じのもの。こりゃデザフェスとかのほうが面白いのかも、と思い始めています。

今回のイベント、規模が大きいだけに不手際もいくつか見えていましたが、まあ、それは大人なので黙っておきましょう。とりあえずはやっている方々のやる気は感じました。

そうそう、外人さん(特に中国系・韓国系の方々)も目立ちました。買い付けかな?それともハンドメイドの業務委託?それともハンドメイドイベントへの進出かも?どちらかというとハンドメイド業界は、アイデア一発で高くても購入する層がいますから、利益率が高いと睨んだ方々がいてもおかしくないと思っています。

来年あたりから動きがありそうな気が。。。我々のようなハンドメイドファンは今以上に騙されないようにしないよね。
Posted by watari - 2016.07.16,Sat
久しぶりに美術館行ってきました。横浜美術館のメアリーカサット展です。

アメリカ出身の女性で、印象派のドガなどと一緒に展示会などに参加されていたとのこと。

印象に残るのは家族の肖像と子ども。特に個人的には「浜辺の子供」という絵でした。腕や足回りがムチッとした感じが子どもっぽくて素晴らしい。また浮世絵からの影響を受けたと思われる銅版画も良かったですね。

銅版画は気になる画法で一度くらいは真似事でやってみたいような。とても難しそうではありますけど、なんだか楽しげに見えるのです。

3連休の初日ということなのかけっこうな賑わいで中学生くらいの方もメモを片手に美術巡りをしていました。あれば学校の課題か何かなのかな?きっかけは何にしろ、本物の絵を見るというのは良いことなんだと思います。


私もきっかけは嫁さんが美術展に行きたいということだったので付いてまわったことからでしたから。いまでは美術ってなかなか面白いもんだな、なんて思い始めているから不思議です。
Posted by watari - 2016.06.05,Sun
西荻窪の駅の周りでやっていたチャサンポー(茶散歩)に行ってきました。

なんでも101店も参加しているらしい。ヤカンを掲げたお店では無料のお茶をふるまうことが特徴とのこと。今年で8回目なんだって。私は初めて知りました。

以前、アンティークなお店を回った記憶はあるけど、西荻窪はさほど詳しくないし何度も来たことはない。で、回ってみたのは嫁さん御希望の古本関連のお店数店舗。それにあとは文房具?(というか紙?)他にもいろいろあったけど、お店にはヤカンが置いてあってなんか不思議な雰囲気でした。

イベントマップは良くできているのでお店を回るのは特に問題ないのですが、参加されていないお店でも面白そうなところはあるのでフラフラと歩き回ってきました。

それにしてもこの雰囲気作りというか街ごと巻き込む企画というか、なかなかよくやるなぁという印象。町興しと言っていいかわかりませんけど、頑張る意識は感じられました。

いろいろなところで小さなイベントが増えてきているような気がしますが、どこもいろいろ知恵を働かせていて面白いもんだなぁ。これからまたまだ増えるのかもしれません。
Posted by watari - 2016.05.28,Sat
3000店以上が出店するというハンドメイドの祭典。横浜ハンドメイドマルシェに行ってきました。             

場所はパシフィコ横浜。


実は昨日の人となんちゃらのなんちゃら展に引き続き2日連続のパシフィコ横浜。客として連日来た人って何人くらいいたんだろう。けっこうレアな気がします。

ハンドメイド展といえば最初は松本クラフト、最近は手創り市や青空個展、手紙社系のイベント。いろいろハンドメイド展は見てきましたけど、確かにココは最大級。結局半日以上歩き回っていました。3000店は伊達じゃない。足が痛い。
歩きに歩いて、購入したものはイラスト集2冊。いわゆる薄い本というやつでしょうか。それとマッチ箱のような立体画。あまり他のハンドメイドではみたい絵の分野だったのが面白いと感じたのかもしれません。どこに飾ろうかしら。
ちなみにイラスト集はどちらもペン画。昔から好きな絵の種類ですが、どうにも反応してしまいました。絵の展示会もなかなか面白そう。また違うイベントがあるらしいので、そこに行ってみようと思ってます。
Posted by watari - 2016.05.14,Sat
最近の大河ドラマの真田丸。
例年は殆ど見てませんでしたが、長野県に関わる方ということで今年は毎回みています。

で、GW。
真田丸の聖地巡礼に行ってきました。

行ったところは上田城周辺、真田の郷、松代周辺。


上田城周辺は大河ドラマ館。かなり混雑していましたね。さすがGW。チケット購入に20分。会場に入るまで30分。若い人から年寄り、男子女子いろいろいました。子どももたくさん。

真田の郷では御朱印集め。

            

いただいたのは7カ所。
山家神社
真田神社
皇大神社
諏訪神社
安智羅神社
北赤井神社
長谷寺
これがかなり過酷。ちいさくて人のいない神社も写真を撮ることであとでまとめていただけるのですが、これがかなりキツカッタ。地図とネット検索が出来ないと探すのが難しかった。
ですが、無事5箇所の御朱印いただくことできました。
これってどれくらいチャレンジしている方がいるんだろうか?
松代では真田宝物館と海津城。
嫁さんの実家からスグ傍なんですけど、むかーし行ったことあるような気がするけど今回久しぶり。海津城は初めてのはず。こんな綺麗になっているとは想像してなかった。
ブームにあまりノルタイプの夫婦ではないものの、今回のブームにのってみた感じだとなかなか面白いもんだなというのが素直な感想。
これから秋まで続きますので楽しみにしています。
Posted by watari - 2016.05.01,Sun
  ちょっと前から気になっていたもののタイミングが合わなかった文学フリマなるものに行ってきました。

文学フリマってなんなの?それ、というといわゆる、コミケがコミックマーケットならの文学フリマはその文章版らしい。同人誌即売会。文学系薄い本という奴ですね。

流通センターに着いてみるとかなり広めな展示場でたくさんな出品者。お客さんもたくさん。驚きました。

2時間くらいでまわれるかな?と思っていたんですが、結局3時間以上グルグルとしていました。途中で嫁さんはくたびれて休憩していました。

同人誌なわけで普通の本屋さんにはないカルトな本が多くて見て回るとだんだんと癖になる感じ。ただ小説系はパラパラ捲ってわかるわけではないので購入できないけれど、今回は短歌俳句系の本を中心に買ってみました。他にも面白そうなモノも購入。コミケに熱中する方の気持ちもわかる気がします。

ちなみに豆本も売ってたり、たまにマンガがあったり、油断すると百合本だのBL本だのありますけど、それもまた良し。出店したくなる気持ちもわからないわけではないなぁ。ただ一人じゃムリだな。かといってグループで出るにも社交性が無いから難しい。


 
収穫物は無料配布も含めてコレ。俳句・短歌・川柳はプロの作品じゃないものが読んでみたかったから気になっていたのでなかなか嬉しい。エアコン配管はいろいろ興味をもって。豆本の作り方もなかなか親切な感じな本で面白い。値段はだいたい300円から500円くらいのものを購入しています。これからじっくり読んでみます。
Posted by watari - 2016.04.23,Sat
昨日から都立美術館で始まった生誕300年の若冲展に行ってきました。毎年、2回くらい若冲を名乗る展示会は殆ど欠かさず見ているので すが、今回は若冲単品でなかなかの大物企画展。

全30幅の「動植綵絵」も揃い踏み。旭日鳳凰図も出てくるのですが、このあたりの絵は10年近く前に何度か見たことあるのですが、でもやっぱりもう一度みたいわけです。

最近は若冲は大人気ですので、かなり混雑するんじゃないか?と予想されたのでスタート始まってすぐに土曜日の9時半に到着しました。

会場には入れたのは10時過ぎとけっきょく30分待ち。故宮の白菜よりは良いですけど、けっこう待ちました。これからドンドン増えてくるんじゃないかな?

入ってみると稀に見る作品の充実度です。

最近の企画展は若冲と名乗っていても、だいがい2~3作品しかなくて同時代の作品で誤魔化されてしまうことが多いのですけど、今回は全部若冲。凄かった。

  何度も見てる作品も初めてみる作品もありましたが、やはり一番良かったなぁと思うのは旭日鳳凰図。カッコ良過ぎ。

動植綵絵の中では紫陽花双鶏図。前に見たことあったハズだけど、今回良かったなぁと思ったのは虻に双鶏図。この鶏の顔つきはホントギャグマンガだ。

大満足な企画展。混まなきゃ一番良いですが、1ヶ月しかやらないわけなので、混むのも仕方が無いかもね。。余裕あればもう一度行っても良いかもね。

ちなみに明日、NHKスペシャルで若冲展を放送予定。 こりゃまた混雑しそうです。
Posted by watari - 2016.03.06,Sun
今週の土日はハンドメイド系のイベントに3ヶ所行ってきましたよ、っと。
布博は京王閣、テラデマルシェは上野、2k540は御徒町と秋葉原の間。

布博は女性がたくさんだったなぁ。ワークショップもけっこうたくさんいて、くるみボタンや、フェルトもやっていた方がいました。ブローチは手紙舎の最近の得意芸。なかなか面白いモノも多かった。

テラデマルシェはお寺で個人のハンドメイド系の方がモノを売るイベント。今回はネコ系のハンドメイドということでいろんなモノ売っていました。こちらも面白いの多かった。あーいうのって最近多い。悪いことじゃないと思うし、もっと盛んになると良いかもと思う。

2k540は手ぬぐいの注染の実演を見るのが目的。嫁さんじっくり見てました。こちらも良かった。手ぬぐいは味がある。私も毎日持ち歩いています。

ハンドメイド系のイベント行って刺激を受けるのは良いけど、最近は手が進まない。イメージは出てくるんだけどね。時間を作って作業をしなくては。

Posted by watari - 2016.02.21,Sun
九段下の千代田区役所でやっていたちよだ猫まつりに行ってきました。

行政(千代田区)とボランティアが協働で「飼い主のいない猫」の殺処分ゼロを千代田区が実現しているとのことで『人と猫の幸せな毎日』を目指す取り組みとのこと。

正直言って小さなお祭りだと思っていたのです。特にマスコミに取り上げられているわけでもないし。私たちも神保町のにゃんこ堂たる姉川書店で知っただけだし。

でも、行って驚きました。人でたくさん。ごった返していました。

猫のグッズを売っているニャンダフルマーケット。イベントステージでは妖怪ウォッチとの撮影会。保護猫の譲渡会もあったんだけど、12時スタートで我々が付いた13時の時点で、なんと120分待ち。

こーいうお祭りは良いですねぇ。猫の集客がどーのとかネコノミクスがどーのというような経済的なお話もあるでしょうけど、猫も犬も道具ではないのです。大事な友人であると思うのです。


人々が集まって、猫や犬たちのために何かできないか?と思うことは非常に心強い。我が家のタマもチャイ子ももとは野良猫たち。私たちだけでは全ての猫を救うことはできないけれど、でも少しでも救われる犬や猫たちがいると良いなぁと思っています。
Posted by watari - 2016.02.06,Sat
 東京ドームでやってるテーブルウェアフェスティバルに行ってみました。


毎年なんかやってるなぁ、という気はしていたのですが、ここにきて嫁さんが一度くらいは行ってみたいということで、初めて行ってみたのです。ちなみに入場するだけで2100円。たっかー。まあ、東京ドームだから仕方がないか。

ちなみに東京ドームは記憶のあるかぎりは中学の頃に父親と巨人戦に行って以来じゃないかな?その当時、初めての東京ドームの天井は真っ白という印象で、ボールが見えにくかった記憶があるのですが、いま見ているどだいぶグレー。時間が経ってきたのかもしれません。

そうそう、展示はグラウンド部でやるんです。なかなかオーロラビジョンをグラウンド近くから見ることなんてないんだろうなぁということでそれも初めての体験で良かったかな。

今回の展示はテーブルウエアということで、食卓に関するモノはいろいろと置いてあるのですが、私個人の興味は陶磁器だけ。それを中心に見てまわりましたが、最近我が家での流行りの鍋島焼、有田焼、ほかにも砥部焼、信楽焼、備前焼、いろいろな焼き物見て回りました。ちょっと食指の動いた焼き物もありましたが、とりあえず記憶にとどめておいてまた気になったら考えてみようかなと思ってます。

それにしても東京ドームは広いですねぇ。展示が多かったということもありましたが、ずいぶんと歩きくたびれました。でも、そのあと東京ドームから神保町へフラフラと。それでまた疲れたり。よく歩きました。
Posted by watari - 2016.01.31,Sun
昨日に続いて連日の美術館巡り。天気はそんなに悪くない。さほど寒くない。

『第六回 菊池ビエンナーレ展 現代陶芸の〈今〉』@菊池寛実記念 智美術館

陶芸専門の美術館。大きくないけれど、なかなか面白い展示が多いところ。ビエンナーレとは二年毎の展示会。若い人の展示会かと思ったら、平均年齢は40代くらい。けっこう上のひともいるよう。

個人的には優秀賞のサムライマーメイドは今までに無い感じで良かった。青磁の大皿も良かった。

『イングリッシュガーデン』@パナソニック汐留ミュージアム

世界遺産キュー王立植物園の花の絵。学術用の絵が展示されていました。

花を付け、実を付け、その実が弾けたような絵は現実ではありえないわけで写真でもそれはムリ。学術的にいまでも絵が使われているとのことでした。

個人的にはそこまで刺さらなかったものの嫁さんはしっかり刺さったみたいでじっくり見てました。あんな絵が描けたらよいのだけど、難しいなぁ。

美術館というのはいくつか続けていくと、スグに次に行きたくなる不思議なとこ。また来週も美術館巡りになってしまう、かも。
Posted by watari - 2016.01.30,Sat
恵比寿の山種美術館でやっている若冲さんの展覧会に行ってきました。副題はHAPPYな日本美術。

蛙と河豚の相撲姿や伏見人形図、群鶏図は何度も何度も見ているんだけど、ヤッパリ見ていると惹きこまれる。

特に群鶏図は凄い。いくら見ていても飽きない感じ。

もちろん横山大観の富士山だってとんでもなく素晴らしいし良いのだけど、なんだか若冲さんの絵は別格という感じ。河鍋暁斎もあったし、柴田是真も素晴らしいしいのだけど、若冲さんは良かったのでです。

いつも山種美術館は表題だけイケイケで、内容は1点豪華主義のビミョーな感じの展示が多くて、ちょっと騙された感じになるのですけど、今回は良かったかな。次回、何にいくかはわからないけど期待しておきます。

そーいえば4月頃から上野の東京都立美術館でも若冲やるみたいなんだけど、あそこは凄く混むのですよね。雨が降った週末とか、うまく平日に時間を見つけていくとかしたいと思っています。

Posted by watari - 2016.01.23,Sat
招待券があったので六本木にある国立新美術館に仕事終わりの金曜夜に行ってきました。予備知識は殆どなしで、文化庁芸術家在外研修の成果物を展示してあるってことだけ。

11名の方は、欧米やそれ以外の海外に研修されており、そこで作ったモノ、その体験を生かした作品が展示されています。いわゆる現代美術が中心でわかりにくいモノが多いですけど、今回はなかなか楽しめました。同じ現代美術的であっても横浜トリエンナーレより良かったかな。

どんな作品があったの?といわれるとわかりにくいし、答えにくい。営利目的以外の写真撮影は許可されていたのでいくつか写真をアップしますが、それを見てもきっとわからない。本物見てみると何かしら面白いと感じることがあった、ということだけ。



超有名な既に認められた作品の美術展だけでなく、まだ世の中に出てきていない作品も観るべきなんだろうなぁと感じました。でも、どこで見たら良いんだろう?調べてみるか。
Posted by watari - 2016.01.17,Sun
昨日は世田谷ボロ市で歩き回ってくたびれたのですが、今日もけっきょく歩き回ってしまった。軽めにしようと思っていたのに。

というわけで行った場所は2ヶ所。

五島美術館@茶道具取合せ展

茶道具がいろいろ展示されているうちの鼠志野茶碗は良かったですねぇ。思ったよりも大振りで手に余りそうな大きさだった。昔の綺麗な布地ハギレを集めた名物裂手鑑はいまのカタログ集みたいでいまに通じてる感じで面白い感じ。

戸栗美術館@鍋島焼展

嫁さんが鍋島焼に好きになってから戸栗美術館は良くいくようになりました。今回も鍋島焼展と宣言されているだけに名物的なモノが展示されていまして、見応えありでした。個人的に一番良かったのはコデマリの皿が気に入りました。

ちなみにぐるっとパスを先週買ったのですが、このふたつはタダ。2000円のぐるっとパスですので、これで元を取った感じ。あと3つくらい行きたいことがあるので1ヶ月半のうちに行こうと思ってます。

プロフィール
HN:
watari
性別:
男性
趣味:
本読み・魚釣り・ハンドメイド
自己紹介:
東京出身川崎在住。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


最新CM
[10/06 watari]
[10/06 farwater]
[09/24 watari]
[09/23 かっしー]
[09/15 watari]
ブログ内検索

ジオターゲティング
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]