忍者ブログ
ゆっくりでも止まらなければけっこう進む
Posted by - 2017.08.17,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watari - 2006.02.01,Wed
「未開の顔・文明の顔」(中根千枝・中公文庫)読了


作者が1953年から1957年にインド・ヨーロッパに留学した時に出会った人々の印象を書いたもので、研究報告ほど堅苦しくなく、旅行記やエッセイの類のものほど軽くも無い。

実は高校生の時、一度読んでいる。
読書好きの友人が「最近読んで面白かった」と言っていたので図書館で借りて読んでみたのだ。そんなに期待していなかったのに、思いのほか面白かったという印象があって、いつかもう一度読んでみたいと思っていたのだ。

実に50年ほど前の話になるわけで、違和感を感じるのではと内心少々不安だったのだが、再度面白く読むことが出来た。
今の世界情勢からはずいぶん違っているのだろうが、文章が全く古臭く感じないせいか、内容にすんなりと入っていける。
作者が出会う様々な国の人々に対して短絡的な見方をせず、複雑な(歴史的、宗教的な)背景を立体的にわかりやすく書いているという印象を受けた。

できればもう一度、これらの国を訪ね歩いて、今現在の様子をレポートして欲しい。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
watari
性別:
男性
趣味:
本読み・魚釣り・ハンドメイド
自己紹介:
東京出身川崎在住。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


最新CM
[10/06 watari]
[10/06 farwater]
[09/24 watari]
[09/23 かっしー]
[09/15 watari]
ブログ内検索

ジオターゲティング
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]