忍者ブログ
ゆっくりでも止まらなければけっこう進む
Posted by - 2017.12.11,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watari - 2006.07.29,Sat
『アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語』読了。【☆☆☆☆】

はるみさん絶賛!!ということで図書館で予約して借りてきました。

ナウル共和国というオーストラリアの右上くらいにある小さな島国(バチカン、モナコに次いで面積が小さい)のおよそ100年前から現代まで歴史について書かれている本なんだけど、これがまた「ホントにこんな国があるの?」というような国で、小説かおとぎ話みたいな国の歴史でした。

「アホウドリの糞で・・・」という題名ですけど、このアホウドリの糞が彼らの運命を左右してしまったポイントになります。なにがどーなるかわからないですね。日本も過去100年間の歴史は、かなり波乱万丈だけどこの国の方が高低差が激しいかも。

はるみさんは面白すぎるなんて書いてあったけど、そりゃ面白かったけどなんだかラストが悲しい感じでラストが現代なだけにこれからどーなるのと気になってしまいました。ちなみにウィキペディアで調べてしまいました。
ちなみにこれを読むと軽いネタバレになるんで本書を楽しみたい人はリンクは飛ばない方が良いかもしれません。
「ナウル共和国」


なんも日本には関係ないと思うけどこの国の行く末について注目してしまいそうです。またなにかやらかしてしまいそうだけど。
PR
Comments
無題
ははは、読みましたか。
笑える面白さというより、“思いつき”を国レベルでやってしまう所が好き(笑)。ラストにある、現在進行形の国家の大ピンチは目が離せないね。
Posted by はるみ - 2006.07.30,Sun 16:14:22 / Edit
無題
確かに”思いつき”だよね~。援助してもらえるから人口の2割の難民受け入れって直接的過ぎ(笑)なんも考えてなさそうです。国家運営とか国の危機とかという感じがしない(笑)
Posted by watari - URL 2006.07.30,Sun 18:59:32 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
watari
性別:
男性
趣味:
本読み・魚釣り・ハンドメイド
自己紹介:
東京出身川崎在住。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


最新CM
[10/06 watari]
[10/06 farwater]
[09/24 watari]
[09/23 かっしー]
[09/15 watari]
ブログ内検索

ジオターゲティング
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]