忍者ブログ
ゆっくりでも止まらなければけっこう進む
Posted by - 2017.08.22,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watari - 2013.11.30,Sat
先週末は長野に帰省していました。

朝が寒いんですよ。
6時半頃はマイナス8℃でした。
 

でも、昼間は意外と暖かい。
寒暖の差が果物を美味しくするんですね。
紅葉も綺麗でした。


 ひととおりのことを済ませたあと、結婚前に一度行ったことがある戦没画学生慰霊美術館の無言館に行ってきました。場所は長野県の上田市。

一度目は嫁さん(当時は彼女)に引っ張られる格好で、正直も絵にもあまり興味はなかったんですが、いまではすっかり感化されてしまったため、最近の目でもう一度見てみたかったのです。

展示されているのは、いわゆる名画とは違う画学生の作品です。プロの画家はいませんし、名を成した人は1人もいません。なぜなら戦争によって、若くして命を断たれているから。

でも、それなのに作品に圧倒的なチカラがあるのです。

自分の奥さん、妹、祖母の絵を描いて、亡くなってしまった方もいます。
身近な風景を描いている方もいます。とてもシンプルな絵が多いです。

その絵に心が揺れるのです。
名画だけが絵ではない、ということがよくわかります。
本物の持つチカラも感じます。

戦争が終わってから既に70年弱。
人間は記憶を忘れやすい生き物で、だからこそ、生きていけます。

残すべき記憶のためには、何かモノが必要です。
1人の人生は100年弱。1人の記憶だけでは、100年残せませんが、チカラのあるモノであれば、記憶が途絶えずに伝わっていきます。

この絵たちがもつ力は、たとえ時間が経ったとしても色褪せないと感じました。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
watari
性別:
男性
趣味:
本読み・魚釣り・ハンドメイド
自己紹介:
東京出身川崎在住。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


最新CM
[10/06 watari]
[10/06 farwater]
[09/24 watari]
[09/23 かっしー]
[09/15 watari]
ブログ内検索

ジオターゲティング
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]