忍者ブログ
ゆっくりでも止まらなければけっこう進む
Posted by - 2017.08.17,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watari - 2007.04.06,Fri
『となり街戦争』読了。【☆☆☆】

すばる新人賞受賞作品。
評判作ということで嫁さんが図書館で予約。嫁さんより先に読んでしまいました。

なんだか小説らしい小説?でした。
エンターテイメント的でない小説は久しぶりに読んだ気がします。

戦争の違和感を上手いこと日常生活に溶け込ませていたような気がします。

消化不良の感覚は残りますが、その感覚じたいが最近の小説では珍しいような気がして新鮮な気がしました。単純明快なエンターテイメントを小説に求めている方にはオススメできません。

PR
Comments
無題
この本は、微妙なズレ感が面白かったです。
作者の感覚なのでしょうけど、現実との間に1枚膜があるような皮膚感が、なんだか微熱があるときにプログラミングの仕事しているようで・・・表現が難しい(笑)
Posted by ボケ老人 - 2007.04.09,Mon 22:13:38 / Edit
無題
このアイデアならばモット面白く出来たと思うけど、ハーさんの言うところの膜1枚の違和感の出し方は良かったような気がします。

私はアマゾンの書評みたいにヒドイ印象はなかったです。それにしても、アマゾンの書評って、褒める時、貶す時が一方通行な気がします。書評や感想なんて、そんなものかもしれないですが・・・。

…って、ここまで書いてから気が付いたけど、このアイデアって筒井康隆の短編集にありましたね。題名は忘れましたが商店街の中で戦争するとかナントカ。ハーさんなら読んでいそうです(笑)
Posted by watari - URL 2007.04.10,Tue 21:45:35 / Edit
無題
確か「三丁目が戦争です」(今調べました)ですね。読んだ記憶があります。でも筒井作品でしたら「東海道戦争」の方が、グリグリとくるシュール感があって面白い(私の好み)かと思います。
小松左京さんの「コップ一杯の戦争」の方が「となり街戦争」っぽいかも・・・
Posted by ボケ老人 - 2007.04.11,Wed 00:04:07 / Edit
無題
確か「三丁目が戦争です」(今調べました)ですね。読んだ記憶があります。でも筒井作品でしたら「東海道戦争」の方が、グリグリとくるシュール感があって面白い(私の好み)かと思います。
小松左京さんの「コップ一杯の戦争」の方が「となり街戦争」っぽいかも・・・
Posted by ボケ老人 - 2007.04.11,Wed 00:04:46 / Edit
無題
指が震えた・・・「はるみ」と呼んで下さい(笑)
良ければ削除をお願いします。
Posted by ボケ老人 - 2007.04.11,Wed 00:07:00 / Edit
無題
面白いのでそのままにしておきます(笑)
『東海道戦争』って読んだ記憶がないのです。けっこう筒井康隆作品は読んだのですが、あの方も短編長編ともに多作ですからね。今度久しぶりに読んでみようかな~。でも、今読むと疲れそうです(笑)

小松左京さんは先日初めて読みました。感想はそのうち・・・(笑)
Posted by watari - URL 2007.04.11,Wed 20:39:42 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
watari
性別:
男性
趣味:
本読み・魚釣り・ハンドメイド
自己紹介:
東京出身川崎在住。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


最新CM
[10/06 watari]
[10/06 farwater]
[09/24 watari]
[09/23 かっしー]
[09/15 watari]
ブログ内検索

ジオターゲティング
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]