忍者ブログ
ゆっくりでも止まらなければけっこう進む
Posted by - 2017.05.23,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watari - 2006.06.28,Wed
『ダヴィンチ・コード』 読了。【☆☆☆☆】

図書館で予約していた上巻(だけ)が4ヶ月目にして、やっと手元に来まして読んでみました。

なかなか面白くてサクサク読み終えたのですが、下巻は当然まだ予約していませんでした。同時に予約して下巻だけ先に来たらマヌケですから。
最近になって映画も公開されたし、いまから下巻を予約すると今度は半年先かな~と思っていたのですが、上司がたまたま文庫本で買っておりタイミング良く読み終えたということなので中巻と下巻を借りて読み終えました。

とりあえず面白かったです。
無宗教な日本人にとっては適度なミステリでちょーど良いかな。キリスト教を信教している方がどんな感想を抱くのかということが気になったりします。あと文中にあるレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』のミステリについては、もっと刺激的で禁断な話が書かれているかと思ったのだけどちょっとしか触れてないのですね。小説的には十分面白かったけど「ダヴィンチコード」という題名は若干大仰すぎるかな?

ちなみに前半はハードカバー、後半は文庫版で読んだのですが、ハードカバー版の上巻は続きに気を持たせるような終わり方をしているのだけど、文庫版だと中巻のちょうど真ん中にあたっていてちょっと微妙な感じでした。映画は・・・、テレビでやれば見るかな?







PR
Comments
無題
読みましたか。てかもう「天使と悪魔」はまだ順番待ち?(笑)。「ダ・ヴィンチ・コード」を先に読むと、途中まで「まんま同じじゃん!! 」な展開に大笑い。私は図書館で下巻が先に用意できても、上巻が届くまで取りにいかないよ。今の所、取り置き期間の2週間以内に上巻も用意出来てるし。てかさー、上巻が用意出来てから連絡してくれよー(笑)。

で、予想通りストーリーを追うので精一杯だった映画は不評でしたけど、映像で観られたので私は満足。あーでも、最後に行った建物での××シーンがなかったのは残念(じーさんとばーさんのアレ)。女性蔑視の場面を全てカットされてたシラスは、えらく人間的なキャラクターになってた。で、ラストシーンは胸にこみ上げるものがありました。ルーブル美術館に行きてー!!(笑)。
Posted by はるみ - 2006.06.29,Thu 11:44:11 / Edit
無題
「天使と悪魔」はまだ順番待ちですね。だいたい忘れたころにやってくると思います。

うちの場合はとりおき1週間ですし、タイミングがずれたらホントに下巻しか来ない可能性もありえます。きっと予約する人も私と同じように上巻だけ予約している人が多そうだからかなりの割合で一緒に頼むと下巻だけきそうです。まあ、上下巻たのんでおいて順番どおりに来ることに賭けるというのも手ですかね。どおせ下巻を頼み直したら並び直しですから。

で、色素欠乏症のシラス(絶妙なネーミング・・・日本語だけど)は、映像で見たかったけどな~。あとキリスト教の女性蔑視政策?があの本での数少ないスキャンダラスな売りなところだったのに。残念。まあ映像化は無理かもね。
ラストシーンってこみ上げた?あのシーンだよね。うまいこと映像にしているんかな。
Posted by watari - URL 2006.06.29,Thu 21:53:12 / Edit
無題
1週間はキツイねー。それじゃ無理かも。この間、貸本屋でハリポタを借りたんだけど(1週間で350円)、上巻だけ先に借りたから、棚の下巻を見てガックリきてた客が居たに違いない(笑)。

で、サイラスと発音してた。字幕はシラスだったけど。リー(イアン・マッケラン)とシラス(ポール・ベタニー)の2人は良かった。てかねー、シリスだっけ? 足に巻くやつ。あれ巻いて鞭でバチンバチンやるシーンがやたら長かった。

>まあ映像化は無理かもね。

さすがにマズイかもね。オマケにPG扱いになっちゃうと困る(笑)。ソニエールの例のシーン(ソフィーと疎遠になったきっかけ)も、短くはっきりと映さなかったから。

>うまいこと映像にしているんかな。

してた、してた。こればっかりは大スクリーンで感動。で、ルーブル美術館に行きてーとなる(笑)。
Posted by はるみ - 2006.06.30,Fri 15:51:51 / Edit
無題
なるほどね~。シラスって不思議な名前だと思った。オプスデイってホントにあるんだね。こんなにベストセラー&映画になって商売?になるんかね?

ソニエールの例のシーンがしっかり映像化されてたら、オプスデイよりもずっと怪しい教団?だってことがばれちゃいますから(笑)

そうそう、「最後の晩餐」はミラノで実際に見たんだけど絵そのものよりもその管理体制に驚いたね。あんなにしないともたない絵を描いたダヴィンチって・・・と思ってしまった(笑)
Posted by watari - URL 2006.06.30,Fri 22:52:36 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
watari
性別:
男性
趣味:
本読み・魚釣り・ハンドメイド
自己紹介:
東京出身川崎在住。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


最新CM
[10/06 watari]
[10/06 farwater]
[09/24 watari]
[09/23 かっしー]
[09/15 watari]
ブログ内検索

ジオターゲティング
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]