忍者ブログ
ゆっくりでも止まらなければけっこう進む
Posted by - 2017.09.20,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watari - 2013.02.24,Sun
『俳句入門-初級から中級へ-』読了。【☆☆☆】

ふと気が向いて俳句のことを調べたいと思って読んでみた。
なぜ読んでみようと思ったのかといえば、祖母の持っていた季題集(俳句の季語が載っている本)をもらったから。これがあれば俳句を作ることができるかも?というわけ。作者は高浜虚子の孫。
 
読み始めて感じたのは、非常に文章が読みやすいということ。
流れるように文章が頭に入ってくる方がいる。リズム感というか、言葉を発したときの空気を吸うタイミングというか。
 
人気小説家であっても、こーいう文章を書く人は少ない気がする。
文章を口から言葉を発する人ならではでないか、と思う。
 
俳句とは、2つ大事なことがあるとのこと。
 
ひとつは、5・7・5の17音であること。
ふたつは、季語が入ること。

他にも空想して書かないとか、季語を重ねてはいけないとか、余韻を残すとかいろいろあるみたい。17音で現すために省略することが大事とのこと。
 
作者は伝統的な季題や定型を守った高浜虚子の孫らしく、非常に保守的。素人からすれば、かなりカタイ。ただルールがしっかり語られていたので、俳句の「いろはのい」くらいはなんとなくわかった気がします。
 
あと気が付いたのが、言わんとすることを言わずに言うこと。
とても日本的で直接言わずに婉曲的に言ったり、感じさせることが重要なんでしょう。
 
ちなみに17音という短い言葉で世情を現すのであれば、もっと短い表現で世界を現せるものがあったと気が付きました。
 
それは数式。
数学や物理も非常に美しいものが多い。
E=mc2なんてこれが宇宙の理、と言われているんだからホントに凄いよなぁ。理解できるかどうかは、また別のことだけれど。
 
話はズレたけど、俳句入門を読んで、進んでやってみたい、と思うかといわれればちょっと微妙なところ。日本人の良いところも悪いところも含んでいるような気がして、まだそこまで枯れ切れない。
 
ただやってみたいという意識を持ちつつ、もうちょっと調べてみようかな、と思う。
 
PR
Comments
何故か、、、
俳句をねろうとすると、川柳になってしまいますw

しかも限りなくサラリーマン川柳的なwww
Posted by かっしー - URL 2013.02.24,Sun 19:05:05 / Edit
川柳も
サラリーマン川柳、作れちゃう人って尊敬しちゃいます。
なるほど~、って思ってしまいますもの(笑)
Posted by watari - 2013.02.27,Wed 21:48:40 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
watari
性別:
男性
趣味:
本読み・魚釣り・ハンドメイド
自己紹介:
東京出身川崎在住。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


最新CM
[10/06 watari]
[10/06 farwater]
[09/24 watari]
[09/23 かっしー]
[09/15 watari]
ブログ内検索

ジオターゲティング
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]