忍者ブログ
ゆっくりでも止まらなければけっこう進む
Posted by - 2017.11.23,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watari - 2006.08.24,Thu
日時:8月15日 15:20~18:00
場所:長野県 白馬ニレ池フィッシングセンター
狙い: マス
釣法、仕掛け:ルアー釣り
釣果: 6?HIT4GET

白馬ニレ池フィッシングセンターに行ってきました。

泊まっていた宿が18時から夕食ということで、15時20分から18時まで(夕飯には結局5分遅刻)やってきました。ちなみに泊まった宿から白馬ニレ池まで車で約5分。けっしてニレ池の傍だから決めたわけではありませんよ。決めた理由はタマと一緒に泊れる宿だったからです。

3時間券で2700円。ラバーのランディングネットは無料で借りました。釣り始めに水に手をつけてみるとけっこう冷たい。正確な温度はわかりませんけど、白馬ニレ池のHPに寄れば12℃くらいだったみたい。けっこう水色は良さそうに見えます。

最初はサカナの固まっている流れ出しの日陰に入って、自作ルアーを中心にキャストしますがなかなか反応しません。自作の中でもサスペンドに近いスローシンキングのミノーの超スロー引きで少し追いかけてくれるかくれないかという感じで、かなりイライラする感じです。

自作モノではこの渋さは荷が重過ぎるということでスプーンをキャストするも追いかけてくれる雰囲気もなく、どちらかといえば自作モノのほうが反応が良さそう。とりあえず上から下までレンジを変えたり、巻きスピードを変えたりと釣りビジョンを見て勉強したことをいろいろとやってみますが、数回ショートバイト(もしかしたらラインに魚が触れているだけかも)があるのみで、なかなかフッキングしませんでした。

お盆時期ということで人はかなりいたと思いますが、これがハイプレッシャーなのか?というほど反応がなく、全然面白くありません。サカナが目の前を泳いでいるのに釣れない・・・。管釣りって、ちょっと精神的Mな釣りのような気がします。

1時間経過して1匹も釣れず。だんだん焦ってきます

で焦ってきたところで完全に日陰になる場所にいた人が帰ったため、そこに移動したところ、持っているスプーンの中で一番小さなスプーンにヒット。25センチくらい。その後も同じスプーンを追いかけてくれてましたが、反応が悪くなった為、別のスプーンに変えた直後にまたヒット。また渋くなり別のスプーン変えた直後にヒット・・・、という感じでほぼ同じようなサイズのマスが4匹釣れてくれました。スプーンは変えた直後が反応が一番良かったようで、しばらく投げると反応が悪くなってしまいます。それに夕方4時半を過ぎ人も減ってきて、また涼しくなってきた為、釣れてきたのかもしれません。

その後、さらに太陽が傾いて日差しもゆるくなってきて、これから爆釣が期待されましたが、そのあとは渋々になってしまいました。まわりも全然釣れてない感じです。18時になり宿での夕食の時間になってしまったため後ろ髪を引かれながら退却となりました。

終わってみて自宅に帰ってきてからこれを書いているのですが、ニレ池日記の8月15日版を見てみるとやっぱりかなり釣れない状況だったようです。このニレ池日記の16日版にも書いてあったけど管理釣り場での釣果の秘訣は『周りの方とお休みの日をずらすこと』『他の方が釣りに行けないような場所に行くこと』ということでした。

あれだけサカナが見える中での釣りですから、皆が行かないときに行かないとダメなのかもしれないですね。今度行く時は平日休みにでも考えようかな。もちろんもっと涼しくなってからですけどね。

そうそう、今回はメバル用の7フィートの竿を使ったのですが、キャストは良いですが誘いが掛けにくい。もうちょっと短い方が釣りよいかもしれないです。もうしばらく竿を作るつもりなかったのだけど、次に作るのは5フィートくらいのぺなぺなロッドでも作ってみようかな。とりあえず考えてみます。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
watari
性別:
男性
趣味:
本読み・魚釣り・ハンドメイド
自己紹介:
東京出身川崎在住。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


最新CM
[10/06 watari]
[10/06 farwater]
[09/24 watari]
[09/23 かっしー]
[09/15 watari]
ブログ内検索

ジオターゲティング
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]