忍者ブログ
ゆっくりでも止まらなければけっこう進む
Posted by - 2017.11.24,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watari - 2006.02.28,Tue
旅行中のほとんどの食事は、ツアーについているものなのでラクチンだったのですが、1回だけ「食事券を持ってリストにあるレストランを選択してそこに行く」というのがあったのです。

私も嫁さんもレストランや食事に対する予備知識がゼロなので、泊まっていたホテルに近いサンピエトロ大聖堂が見れるレストランを選びました。

塔のある街他のツアーの皆さんも各々別々にレストランを決めてホテルからタクシーを使うとのことでしたが、私は日本のガイドブックにある地図を見る限り、歩いても10分程度で着けると判断して歩いて行くことに決めました。このへんが海外に行っても貧乏性なところなのかもしれませんが、このことが後ほど大事件となりました。

ホテルを余裕を持って出ましてローマの夜の街をウィンドウショッピングしながら歩きます。本屋に入ったり食料品店を覗いたりキッチン用品のお店を見て周りながら、目的のレストラン付近まで行きました。

地図によると大きな通りの脇に入った小道にあるようでそこに向かっていきましたが、目的のレストランがないのです。間違えたかと思い、道を確認しながら、その周辺を周ってみますがやっぱりありません。

地図を読むことと方向感覚には自信があるので大丈夫だと私は楽観していたのですが、嫁さんは心配そうな顔をしはじめました。もう一度、大通りに出て位置を確認した確信を持って目的地に向かいましたがレストランはありません。

私もだんだんと不安になってきてしまいました。言葉もしゃべれずあまり人通りもない外国の地でレストランを探し回って見つからず夕食抜きになったらどーしようということがアタマをよぎります。

仕方なくもう一度大通りに出たところ、同じツアーの私たちと同じレストランに行くはずの御家族4人が目の前を歩いていました。これでなんとか助かったと思い話しかけてみると「タクシーで途中まできたけど間違ったところで降ろされて迷っている」とのこと。。。さすがイタリア。タクシーの運ちゃんまでイイカゲンです。ですが、英語のしゃべれる娘さん(といっても私と同じ年くらいの方)がレストランの場所を聞いていただきなんとかたどり着けました。


なぜ私は道に迷ったかという原因ですが「地図が間違っていた」のです。
こればっかりはどーにもなりませんでしたが、ガイドブックに付属している地図を過信したことが間違いの元だったのでしょう。だけど、なんとか到着できて良かったです。英語でもなんでも言語がしゃべれないということは不便だということを再認識しました。レストランでも言葉が殆どしゃべれず、けっこう右往左往して大変でした。まあ、これも良い経験になったかな?

ちなみに写真はイタリアの街にある塔です。塔なんて普通、日本にはないですよね。イタリアの煉瓦はなかなか良い雰囲気があっていい感じです。嫁さんは持って帰りたがりましたけど、それは無理でした。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
watari
性別:
男性
趣味:
本読み・魚釣り・ハンドメイド
自己紹介:
東京出身川崎在住。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


最新CM
[10/06 watari]
[10/06 farwater]
[09/24 watari]
[09/23 かっしー]
[09/15 watari]
ブログ内検索

ジオターゲティング
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]