忍者ブログ
ゆっくりでも止まらなければけっこう進む
Posted by - 2017.08.19,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watari - 2013.07.07,Sun
先日、祖母のところに遊びに行ったら「日曜美術館でやってた『貴婦人と一角獣』。一度見たかったわ」とのこと。

祖母は御年96歳。足を悪くして、外出がままらないということもあり、嫁さんにその話をしたところ、「私も興味があった」ということで見てこよう、と行ってきました。
 
美術館はなぜか4週間連続(丸の内→上野→両国→乃木坂)。
一度行くと観たいのが重なるのかな?
 
乃木坂駅降りてすぐの国立新美術館は初めて。
こーいうところがあるんですねぇ。非常に立派。
 
入ってすぐに6種の貴婦人と一角獣のタペスリーが飾ってある大きなスペースに出る。まったく織物とは思えないほど精緻で鮮やか。バックの赤色が綺麗。腕利きの職人が時間を掛けて丁寧に作ったものなんだと思う。
 
作品自体は15世紀末にフランスで作られた6連作もの。
大きさは正確にはわからないけれど、3メートル×3メートルくらいはありそう。
 
全体のテーマは謎。
それぞれ6枚が題名を持っていて「触角」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「視覚」「我が唯一の望み」。独特の千花模様(ミル・フルール)が一面に織られていて、その真ん中には貴婦人や一角獣、他にも猿、犬、ウサギ、羊、山羊などいろいろな動物たちがいます。
 
気に入ったのは千花模様。ひとつひとつが違っていて綺麗なんです。よく織ったものです。また全体の色の赤が非常にイイ。こんなのが家の壁に飾ってあったら、引きこもりますね、絶対。
 
圧倒的な存在感がありました。
10mくらい離れてみたり、傍に寄って観てみたり。
この作品も写真でみても、わからない。行ってよかった。
 
ウィキペディアにも情報ありますので気になる人は見てみてください。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
watari
性別:
男性
趣味:
本読み・魚釣り・ハンドメイド
自己紹介:
東京出身川崎在住。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


最新CM
[10/06 watari]
[10/06 farwater]
[09/24 watari]
[09/23 かっしー]
[09/15 watari]
ブログ内検索

ジオターゲティング
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]