忍者ブログ
ゆっくりでも止まらなければけっこう進む
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watari - 2015.08.23,Sun
『ぼくの短歌ノート』読了。【☆☆☆☆】

著者は穂村弘氏。

短歌の本はいくつか読んでいますが、軽いエッセイと違って不思議と読むのに時間が掛かる。短歌の文字数としては57577の31文字しかないのに、目で追ってしまうために時間がかかるのかもしれません。

俳句も面白いけど短歌も面白いなぁと感じて1年くらい経ちますが、こーいう本でゆっくりと自分の脳みそを慣らしながら読んでいこうと思ってます。

この本に載っていて記憶に残った短歌をいくつか。

子には子の電車くるべし「白菜の内側でお待ちください」と言ふ

永遠は三角耳をふるわせて光にのって走り続ける

わが湯呑ためらはず手に取りのみし或る夜の君を今憎むなり

とりにくのような せっけん使ってる わたしのくらしは えいがに ならない

かゆいとこありまひぇんか、といいながら猫の頭を撫でてをりたり


PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
watari
性別:
男性
趣味:
本読み・魚釣り・ハンドメイド
自己紹介:
東京出身川崎在住。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


最新CM
[10/06 watari]
[10/06 farwater]
[09/24 watari]
[09/23 かっしー]
[09/15 watari]
ブログ内検索

ジオターゲティング
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]