忍者ブログ
ゆっくりでも止まらなければけっこう進む
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watari - 2014.07.05,Sat
『書楼弔堂 破暁』読了。【☆☆☆☆】


京極夏彦氏。
久しぶりの京極本。

重たいんで通勤で読むには適していないのだけど、読んでみた。

明治の御一新から数十年後、本が世の中に出回りし始めた頃。
本屋(古本屋?)らしからぬ名前の弔堂。

読まれぬ本を弔い、読んでくれる者の手許に届けて成仏させるという。

そんななか様々な著名人たちが『自分の求める本』を弔堂から薦められる。ちなみに著名人はネタばれになるので書かないけれど、詳しく知らなかった人たちも、あとからウィキペディアで見たりしてます。

弔堂の主人曰く「読まれぬ本は紙屑ですが、読めば本は宝となる。宝と為すか塵介と為すかは人次第。」確かにそのとおりだと思う。

私もいろいろと本を読み散らかしているのですけど、自分にとって書かれた本という錯覚は何度か感じたことはあります。これが私にとって最後である、という本までではない。

まあ、活字中毒の私にとっては最後の本が現れたとしても、読む続けてしまうだろなぁ。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
watari
性別:
男性
趣味:
本読み・魚釣り・ハンドメイド
自己紹介:
東京出身川崎在住。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


最新CM
[10/06 watari]
[10/06 farwater]
[09/24 watari]
[09/23 かっしー]
[09/15 watari]
ブログ内検索

ジオターゲティング
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]